あらびきZONE

カメラとMacと競馬を愛する大学生の不定期雑ブログ

ミニマリスト的思考 バックアップ編

ミニマリストっていうのがいるらしいんだ

昨今ものを持たない人,所謂「ミニマリスト」がWeb発というか一種サブカル的に増え続けている.
まあサービスが包括し値下げ競争くらいしかやることがないくらい充実した現代らしい生活スタイルの帰結だと思う.

ものがない(=ものを持っていたらエライ)時代はもう終わったのだ.昔なら高品質とされたものが今はある程度の価格帯で簡単に手に入る.技術の進歩はどんな業界でも目覚ましいものだが,事実消費者がそのスピードについていけるわけでもない.

 

ミニマリストにバックアップは要るか

さて,そんな前置きの後でものを持たない時代におけるバックアップについて考えよう.そもそもミニマリスト的ライフスタイルはバックアップという概念とは相性が悪い.ていうかそもそも真逆.予備も保険もいらねえってスタイルだしこんなこと考えるのがそもそも矛盾している気もする.

本を自炊してデジタル化→原本破棄とかするし,替えのティッシュとかいらないよ無くなったら買いに行こうってスタイル.余剰の資源を持たないことで身軽になりセイカツノシツを向上されようとしているんだから.

最近じゃなんでもデジタルで済むし性能も向上してるからスマホ一つで十分! とかいうスタイルも増えているのだろう.しかし,そんだけ重要なものなら当然失った時の損失を考え入念なバックアップを取っておかなければならない.いくら手持ちのものを減らして生活の質が向上したとか宣ったところで「スマホ壊れた人生詰んだ」とかなったらシャレにならない.

 

デジタル社会ならせめてスマホのバックアップぐらいはとれ

せめてスマホぐらいはとろう.できれば複数.
ミニマリストが(と言うか日本人が)大好きなiPhoneのバックアップ,とってるか?
iTunesを起動したPCに繋いで数分で済むんだから定期的にバックアップしろよな.アスファルトの上で跳ね回ってポケットから地面に落としたり,ストレスで気づいたらスマホをトイレに流してたりすることが多い日本人にはとても大切なことだ.

PCのデータのバックアップを考えても,データまで断捨離し尽くしたミニマリストなら1TBのポータブルHDDとかSSDとか買っておけば済むかもしれない.ケーブルと手のひらサイズのガジェット1つならミニマルだろ.

 

クラウドなら持ち物も増えてないだろ

それでも嫌ならクラウドへ.

無料でも2GB〜15GBとそれなりの容量を使えるサービスが多い.USBメモリを一つ持ち歩くよりもスマートかもしれないぞ!

Dropbox

かなり有名なオンラインストレージサービス.
無料で2GB使える.有料プランは月額1200円(年額プランは12000円)で1TB.

バックアップ対象のファイルを選択して設定することもできるので少ない容量でも安心かもしれない.

人の紹介で入ると追加で容量がもらえる.人を招待した時も追加容量をもらえる.
未登録で得したい人は↓から登録してくれ.

db.tt

ドロップボックスのいいところは様々なサービスと連携がしやすいところ.
ファイルをダウンロードするときにドロップボックスに直接送ることが出来たり,ドロップボックと連携できるアプリも多いので端末間でのデータのやり取りがスムーズにできる.最高.

Google Drive

天下のグーグルが運営するストレージサービス.グーグルが運営するだけあって他のグーグルサービスとの親和性が非常に高い.しかも無料で15GB.

wordやexcelファイルをグーグルのスプレッドシートで編集することもできるし便利.Androidを使っている人ならスマホに標準装備なので是非.

気になるのは一時騒がれた著作権の問題.「アップロードしたファイルはグーグルが自由に使えてしまうぜグヘヘ悪いな」的解釈は飛躍しすぎだが,一応クラウドストレージという特性上本当にヤバいものは預けないのが無難.

 

他にも最近配布された容量が回収されて無料で使える容量が減ったMicrosoftのOne Driveや無料プランが一昨年くらいになくなったSugarSync等色々サービスが存在する.

全てに登録してそれなりの量をゲットするのはいい考えだがそれはミニマリスト的スタイルではないと思うぜ.

 

まとめだ

最終的に言いたいのはミニマリストでもバックアップは取れ.特にデジタルミニマリストは絶対.ものがなくなって形になっているものがなくなっても,無くしたくないものはきっとあるんだから.