あらびきZONE

カメラとMacと競馬を愛する大学生の不定期雑ブログ

いいから『ボールルームへようこそ』を読め!

ボールルームへようこそ』とは

ボールルームへようこそ」は,月刊マガジン(作:竹内友)にて連載中の競技ダンス漫画である.2017年の夏季よりテレビアニメがスタートし,話題となっている.

あまり世間で話題になることはない競技ダンス.この魅力に迫った本作を紹介していこうと思う.(おそらくネタバレも含むのでご注意)

f:id:baiopure:20170712221441j:plain

 

 

 

あらすじ

平凡な中学生、富士田多々良は社交ダンスの世界と出会い、徐々にその才能を開花させてゆく!唯一無二のダンススポーツ青春譚!!

月刊少年マガジン公式HPより

 主人公の多々良は将来の夢が持てず,中学の進路も定まらない.そんな中で競技ダンスに出会い,その魅力に引き込まれていく.初めは体力も無く,基礎トレだけでいっぱいになっていたが,師匠の仙谷要や同年代の兵藤清春,赤城賀寿といったトップレベルのダンサーの後を追い,徐々にダンスの能力を身につけていく.

 

競技ダンスとは

競技ダンスは社交ダンスと混同されがちだが,れっきとした芸術競技であり,競技会で互いのダンスの芸術性や技術の高さを競い合う.近年ではダンススポーツとも呼ばれるほど,スポーツ性能が要求される.

ダンスの種目は大きく分けてスタンダードとラテンの2種類がある.スタンダードはワルツ,タンゴ,ヴェニーズワルツ,スローフォックストロット,クイックステップの5種目.ワルツはチャチャチャ,サンバ,ルンバ,パソ・ドブレ,ジャイブの5種目.

競技会では,1ヒート(組)で数組のカップルが同時に踊り,複数種目の場合はその分だけヒートを繰り返す.ヒート毎に審査員がチェックを付け,その点数によって次のラウンドに進むカップルが決まる.同時に複数のライバルが演技をするため,いかに自身に注目を集められる魅力的な演技ができるかが鍵である.

カップルは男女1組で構成され,競技者登録時には男性競技者に紐付けたカップルの登録申請が必要である.競技人口的に男性比率が少なく,その需要は必然的に高い(特に高校生くらいの年齢).

 

登場人物

富士田多々良

f:id:baiopure:20170712221458j:plain

本作の主人公.進路に悩んでいた時に競技ダンスに出会い,のめり込んでいく.押しの弱さやナヨナヨした性格から初めは心配されていたが,観察眼の良さとパートナーの動きを感じ取る勘の良さを発揮して才能を開花させていく.

 
花岡雫

f:id:baiopure:20170712221436j:plain

多々良が競技ダンスを始めるきっかけになったとも言える少女.黒髪+メガネ+おっぱい=最強.そりゃ多々良も乳揉みたくてダンスやる.マチュアダンサーの中ではトップレベルの才能を持ち,選手たちからの人気も高い.兵藤のパートナー.

 

兵藤清春

f:id:baiopure:20170712221454j:plain

ユーストップレベルのダンサー.雫のパートナーであり,世界から注目されるほどの才能を持つ.多々良に自身のダンスを真似された(猿真似では無く繊細な技術を模倣された)ことから多々良に一目置くようになる.

 

仙谷要

f:id:baiopure:20170712221312j:plain

トッププロダンサー.日本人離れした高身長とスタイルで世界各国の競技会を渡り歩く.世界のトッププロからも注目されており,アマチュア時代は全国レベルの大会を5連覇したこともある.

 

赤城賀寿

f:id:baiopure:20170712221426j:plain

兵藤のライバルとも言えるアマチュアトップのダンサー.多々良より1歳年上.妹の真子とカップルを組んでいるが,幼い頃から雫に憧れを抱いていた.好戦的な性格で喧嘩っ早い.同年代の中では頭一つ抜けたポテンシャルと恵まれた体型で注目を集める.

 

赤城真子

f:id:baiopure:20170712221251j:plain

賀寿の妹にしてパートナー.小柄な体型だが,賀寿のダンスについていこうと努力している.兄とは正反対の気弱な性格で自分の考えを言い出せないことがある.

 

緋山千夏

f:id:baiopure:20170712221215j:plain

多々良の高校のクラスメート.中学時代までダンスを経験しており,ダンスをしている多々良に興味を示した.

 

マイナーな競技

競技ダンスははっきり言ってしまえばマイナーな競技だと思う.少なくとも同年代に何人も競技者はいないし,メディアで取り上げられることも多くはないだろう.このような世間に知られていない物事に打ち込もうとすると,「なぜそんなものを?」という怪訝な目で見られることがある.

多々良も初めは競技ダンスに対して特別な思いを抱いているわけではなかった.あわよくばのボディータッチ,ハプニングスケベなど,男子中学生らしい卑猥な考えを思い浮かべていたであろう.

f:id:baiopure:20170712221324j:plain

しかし,そんな多々良も一度競技ダンスの世界に足を踏み入れ,考えが一変する.華やかな衣装と躍動感あるステップ.競技者が魅せる演技の虜になっていく.

競技ダンスという競技の性質上,勝ち上がるためには審査員の注目を集めなければならない.誰よりも目立ちたい,多くの人を魅了したい.そんな情熱を爆発させる競技者の演技に,多々良は一目で心を奪われた.

f:id:baiopure:20170712221318j:plain

 

何者でもない”自分”

ダンスに出会うまで自分に自信が持てなかった多々良.ダンスという内にあるもをの表現する機会に触れることで徐々に自分の思いを引き出せるようになっていく.

f:id:baiopure:20170712221242j:plain

f:id:baiopure:20170712221510j:plain

f:id:baiopure:20170712221340j:plain

思いと反対の言葉が出てくる自分.断ろうとした自分以外の自分が見えた瞬間.

f:id:baiopure:20170712221413j:plain

何かにのめり込んだ自分.今まで感じたことのないくらい何かに打ち込んでいる自分に感情が溢れる.

 

多々良の魅力

多々良の魅了は何と言ってもその観察眼.誰に教わることなくトッププロの動きを観察し,それを実践しようとする.理論的なティーチングでは覚えの悪い多々良だが,自身でも気づいていない観察力で実践的なトレーニングによる成長を促される.

f:id:baiopure:20170712221346j:plain

初めての競技会でも兵藤のダンスを模倣しようとしたり,初めて組むパートナーの動きを感じ取るなど,超人的なダンスの才覚を表してくる.

f:id:baiopure:20170712221448j:plain

 

画面から伝わる熱量

ダンス競技会の会場の盛り上がり.ダンサーの演技に魅了された観客達の熱気と興奮が伝わってくる.

f:id:baiopure:20170712221222j:plain

多々良が一番初めにダンサーに感じた,溢れ出る自信と魅力.

f:id:baiopure:20170712221331j:plain

互いに高め合うライバル.ダンスという共通言語で語り合う青春感! ダンスという自身を表現した芸術を模倣された兵藤の表情が熱い!

f:id:baiopure:20170712221406j:plain

 

多々良のパートナー

おそらくアニメでは描かれないくらい先の展開のお話.ダンスは一人ではできない,多々良にもパートナーができる時がやってくる.その相手はダンス経験者のクラスメートである千夏だ.千夏は中学時代にリード(男役)として女友達とカップルを組んでいた.しかしユース以降は男女のペアを組むことの難しさと,自身がリードの経験しか詰めてこなかった経緯からダンスの継続を断念していた.

やっと念願のパートナーが組めた二人であったが,決定的な問題が生じる.多々良は観察眼と相手の動きを感じ取る勘の良さでそれまでのダンスを構成していたが,本当のリードに求められるものはそうではなかった.自身の思いが載っていない多々良のダンスに対し,千夏は元リードとして不信感を抱く.同時に,多々良は今までの自分の男子に自身が持てなくなってしまう.

f:id:baiopure:20170712221352j:plain

この互いの欠けてるところが見えてしまう関係性がたまらない.自分に必要なものが見えていく二人は喧嘩しながら,互いを認め合っていく.

カップルだというのに8巻ではこの表情である.もう積年のライバルが決勝で衝突,って雰囲気醸し出してるのに手をつないで踊るんだぜ.

f:id:baiopure:20170712221504j:plain

f:id:baiopure:20170712221259j:plain

 

最後に

f:id:baiopure:20170712221234j:plain

 

f:id:baiopure:20170712221419j:plain

ダンスをもっと早く始めていればと後悔する多々良に助言する雫.何かをやるのに遅すぎることなんてない.大事なのはどれだけ真剣に取り組めるかだ.

 

既刊情報

既刊9巻,連載中.(2017年7月13日現在)