あらびきZONE

カメラ&IT&競馬

いいから「ランウェイで笑って」を読め!

ランウェイで笑って

本作は週刊少年ジャンプで連載中のファッションを題材とした漫画. ファッションデザイナーを志望する少年と身長に恵まれないながらもトップモデルを目指す少女が本作の主軸. f:id:baiopure:20190104163508j:plain

登場人物

都村育人

ファッションデザイナー志望の高校三年生. 3人の妹と入院中の母の4人家族. デザイナーの専門学校に進学することを考えていたが,貧しい家計のことを考えて就職か迷っていた. 幼い頃から家族の服を作っていたおかげか,服のパターンを正確にイメージできる力が養われている. f:id:baiopure:20190104163517j:plain

藤戸千雪

モデル事務所「ミルネージュ」の社長令嬢. 育人のクラスメイト. 幼少期からパリコレに出ることを夢見ており,周囲からも期待されていたが,身長が伸び悩んだことで挫折を味わう. それでも持ち前の負けん気でパリコレに出ることを諦めておらず,スタイルの維持やファッション情報の収集は欠かさない. f:id:baiopure:20190104163520j:plain

柳田一

若くして自身のファッションブランドを立ち上げるデザイナー. デザインの腕は抜群だが,自身で服を縫うことはできない. 独立前に働いていたミルネージュからの伝手で紹介された育人を雇うことになる. f:id:baiopure:20190104163555j:plain

長谷川心

ファッションの名門,服飾芸華大学の1年生であり,将来を有望される駆け出しモデル. 181cmという恵まれた身長により,周囲からは羨望の眼差しを向けられている. 本人はファッションデザイナー志望. f:id:baiopure:20190104171719j:plain

綾野遠

服飾芸華大学の4年生. 世界トップブランドの社長の孫. 芸華大学史上でも屈指の才能を持つデザイナーであり,将来を有望視されている. f:id:baiopure:20190104171723j:plain

あらすじ

ファッション事務所「ミルネージュ」の社長令嬢である藤戸千雪は,幼い頃からファッションモデルとしてパリコレに出ることを夢見ていたが,身長に伸び悩みオーディションに合格できずにいた. ある日,千雪はクラスメイトの都村育人がファッションデザイナー志望だと知り,彼に制作を依頼した服を着てオーディションに合格する. 育人もまた,デザイナーの才能を見染められ,デザイナーの柳田一を紹介される.

育人は柳田のもとで働き始めてすぐに東京コレクションへの参加を手伝うことになる. 当日モデルとアシスタントに欠員が生じるトラブルが発生するが,千雪と育人がこれをカバーする形でコレクションの発表は成功を収めた.

東京コレクション終了後,服の製作アシスタントとして服飾芸華大学から長谷川心と綾野遠が加わる. また,その対価として育人は芸華大学の理事長から芸華大文化祭のファッションショーへの出場を依頼される.

見どころ

本作の見どころは主人公の育人と千雪が困難を打ち破っていく姿. ファッションを題材としているが,友達や仲間の思いを感じて困難な状況を打破していく過程は少年漫画の王道展開.

低い身長によってモデルという夢を否定されている千雪と,貧しい家庭事情からデザイナーの夢を諦めようとしている育人が出会うところから物語は始まる. 千雪は父親が社長を務めるモデル事務所・ミルネージュのオーディションを受け続けているが,結果はいつも不合格. ある日育人に「高卒でデザイナーになれる可能性」を問われた千雪はあっさりとそれを否定してしまう, 育人の中に信じている夢があることを感じ取った千雪は自身の姿を重ねるが,直後その夢を否定した自分と周囲の声を重ねてしまう.

f:id:baiopure:20190104163531j:plain f:id:baiopure:20190104163537j:plain

千雪は夢を諦めようとする育人を無理矢理ファッションの道へ引き込もうとする. 育人が望んだ夢を手放してしまうことが自身の道の終わりを見てしまうようで苦しかった.

f:id:baiopure:20190104174416j:plain

千雪に説得された育人は自分の夢に向き直り,千雪に似合う最高の一着を作成する. 千雪はそれを着て再びオーディション会場へ行き,合格を勝ち取った.

f:id:baiopure:20190104163722p:plain f:id:baiopure:20190104163541j:plain

そして,夢を手放さなかった少年,都村育人の物語が幕を開ける. f:id:baiopure:20190104163550j:plain

このほか,柳田のコレクションショーでの発表を控えてのトラブルや, 育人が夢を諦めてしまうことを残念がる育人の家族の思いなど, 「無理」「諦め」「詰み」といった困難な状況でも周りの人の思いを背負って立ち向かう姿には爽快感を覚える. f:id:baiopure:20190104163649j:plain f:id:baiopure:20190104163645j:plain

誰かの頑張りが他の誰かの頑張りにつながる. そんな勇気のと努力の物語を,いいから見てくれ.

既刊

既刊8巻(2019/1/4時点) 最新刊では服飾芸華大学の文化祭ファッションショーで育人たちの作品が披露される.

7巻からファッションデザイナーHASEGAWA KAZUYAと東京服飾専門学校が監修に協力している.